どてやの戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS MacBook ProとThunderbolt 3デバイス非互換の続き

<<   作成日時 : 2016/11/22 07:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の記事からもう少しググってみてた。

9to5Macで、TB3 Enablerというのが記事になっていた。

9to5Mac

要するに、macOS Sierra 12.1.1のモジュールで、非互換デバイスを使えなくしているコードが見つかったのでそこを回避するようにパッチをあててしまうようです。

これで、非対応とされているThunderbolt 3 DockのディスプレイポートやUSB等が使用できるようになったと。

しかし、記事を最後の方まで読んでいくと、100WのUSB PDに対応しているDockなのに、Macに供給される電力が15Wしかない状態になっているとの記述があります。

USB PDチップがリセットして、USB Type-Cのデフォルトである、5V 3A = 15Wになっていると思われます。
すると、前の記事にあった、TIの第二世代USB PDチップをホストにして、TIの第一世代USB PDチップをデバイスにすると、デバイス側のUSB PDチップがリセットしてしまうというTI E2E Communityの記事の通りのことが発生しているのかもしれませんね。
そうなると、Thunderboltで接続した機器は使えるけど、USB PDが正しく動作しなくて、Mac側への充電が適切に行われないので、それによるクレームを回避するために、非対応として認識するようにOS側で対応しているのかも。

気になるのは、今後、Windows PCでも第二世代USB PDチップに切り替わったPCが登場すると、同じ問題が発生するのかとか、Thunderbolt 3ではないUSB PDのデバイスにTIの第一世代USB PDチップが使われていないかですかね。
TIのチップセットFWレベルで解決できると良いなと思いつつ、まだしばらくは様子見しましょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MacBook ProとThunderbolt 3デバイス非互換の続き どてやの戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる