どてやの戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS EveryPad ProでUSB機器

<<   作成日時 : 2014/12/31 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バッファローから、直販とAmazon限定で、Nexus7(2013)やVenue 8 Proに対応した、充電しながらUSB機器が使えるUSBハブが登場。
気になるデバイスなので早速買ってみました。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BUFFALO Nexus7(2013モデル)用充電機能付きUSBハブ ブラック BSH4AMB03BK/N の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



直販限定だけあって、化粧箱はなく、茶箱に商品名やバーコードなどだけ印刷されたシンプルなパッケージ。
中身も、本体とACアダプタ、説明書のみです。

ACアダプタは12V 2A出力ということで、USB電源アダプタなどでは動きません。
据え置き利用が前提ですね。
タブレット本体充電が約10W、USBポートが4つあるので約10W。最低限必要な出力がトータル約20Wとすると、24W供給で、ロスも含めて十分な容量でしょう。

EveryPad Proに接続した結果、当然ですが動作しました。
USBキーボード、USBメモリを繋いでみましたが、充電アイコンが点滅したまま、USB機器が使えます。

試しに、Vivo Tab Note 8につないでみたところ、こちらは充電だけできて、USB機器は使えないようです。
残念。

TT搭載なので、USB1.1とUSB2.0の混在も問題なし。
となると、マウス、キーボードとUSB VGAアダプタを接続しても問題なく、さらに1ポートあるのでUSBメモリやDVDドライブの接続も出来るとなると、スリムデスクトップとして使うことも問題ないですね。
これで、メインのデスクトップとは別に、簡易デスクトップ環境を作っても良いのかも。

なお、このBSH4AMB03BKは、12V電源が必要なのでモバイル用としては使えないのも残念。

というわけで、このあたりを参考に、以下の組み合わせでモバイルUSB環境も作ってみました。
なお、モバイルバッテリは、本体充電用とハブ+USB機器用に2つ必要です。
本体充電とUSBハブに2Aずつ。DVDドライブが不要でUSBメモリだけなら、ハブなしにして、モバイルバッテリも1つで十分ですね。
モバイルで使えることを前提に、5V入力で動くUSBハブを選んだのですが、こちらにはTTがないので、USB1.1.とUSB2.0を混在するとすべてUSB1.1になってしまう弱点があるので、出先では、USBにはDVDドライブやUSBメモリを接続し、キーボードとマウスはBluetoothで接続。
これで、出先で電源がなくても、2スピンドルノートや、ちょっとしたデスクトップと同じだけの作業が出来ます。

って、ここまでくると普通に2スピンドルノート持ち歩く方が便利な気はしないでもないけど、年に1度か2度くらいしか必要にならない2スピンドルノートはなかなか買い換え対象にならないものです・・・。








amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サンワサプライ AD-USB2 USB変換アダプタ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル












月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EveryPad ProでUSB機器 どてやの戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる